時間の使い方が下手な自分が上手くなるには。効率も大切。仕事にも人生にも活かせる時間術についてホリエモンさんから学んでみた。

生き方・悩み

ホリエモンこと堀江貴文さん。

とても有名な方ですが、オブラートに包まないサッパリキッパリなお方で

敵も多いイメージ。

でも経営者としてはこれくらいじゃないとやっていけないんだろうというお手本でもあると私は思います。

テレビや報道で「怖い」という勝手なイメージを持っていたので今まで書籍を取ることはなかったのですが、

私はついついダラダラしてしまう…。

時間の使い方が下手くそなので「ズバリ!キッパリ!」と

叱咤してほしい・・・。

そんな気持ちになりまして読んでみることに。

私が個人的に気に入ったお気に入りホリエモン名言集です。

気になったらぜひ手に取ってみることをおすすめします。

”シンプルに考える“ 堀江貴文【時間革命】

自分な好きな仕事に打ち込んで、家族と一緒に過ごす時間もあって、仕事も趣味も充実させて、安定な仕事について、年金も保証されて…。

多くのひとはこう考えると思う。私もそうですが、ホリエモンさんはバッサリと…。

これらの希望を叶えることなどまずできないとズバリ!

全部を思い通りにして「あれも、これも」手に入れることはできないと語っています。

自分の本当の時間を手に入れるには

自分にとって一番大切なことは何か?を絞り込めた人こそが自分の時間を手に入れることができるという

あれも、これも手に入れたい…どれからやろうではなく、

まずは一つのことにどっぷりと集中すること!

”やりたいことや夢中になれることは探さない“ 堀江貴文【時間革命】

やりたいこと探してませんか?

何やっても長続きしないで夢中になれない自分に自己嫌悪…。

ホリエモン曰く

少しでも気になったらとにかくやってみるの精神。

役に立たないとかお金がかかるとか無視。

シンプルに気になったらやってみる!

合わなければ辞めて次の気になることを試せばいいのだ!

子供の頃は、役に立たないとか将来のために…なんて思っていませんよね…。

ただ、欲しいものを親にねだって、かわいいものは可愛い…何にでも興味があった気がしませんか。

もちろん大人になったから、家族ができたから、責任が…などありますが

子供の頃に熱中したものを3つ思いだしてみよう

ホリエモンも昔はウジウジ悩んだり泣いたりしたらしい…。

そうなんだ…!この本を読んでいちばん印象に残った!!

ホリエモンさんも普通に悩んだりしたのね…(失礼)

やっぱりズバリズバリで自分の考えがはっきりしている方で、

自分なりに落とし込めなかった、共感できない部分もありましたが、

スパッと気持ちいいくらいにぶった切る!本でした。

ホリエモン=怖いという図式がありましたが読み終わるころには・・・

もしかしてやさしい・・・?ホリエモン・・・!

という気持ちにまでなるという・・・。

いままでは食わず嫌い?でしたが新しい価値観を得ることができて、読んでよかったです。

考えすぎてなかなか行動に移せない・・・そんな方に必要なのはホリエモンさんかもしれませんのでぜひ♪

タイトルとURLをコピーしました