顔が赤くてヒリヒリ…アトピーが悪化したときにも助けてもらったガスール。使いやすいペーストタイプが出ていたので試してみた。

暮らし・日常

今は手湿疹のみでアトピーらしき炎症はないのですが…

13年前は本当に顔が真っ赤でパンパンに顔が腫れて

目も開けるのもつらい日がありました…。

子供のころからアトピーで膝裏や手に湿疹が出ていて痒くてつらかった…。

母親はなるべく薬に頼りたくないからとアロエを塗ったりしていたな~。

成長するにつれ少しづつ症状は良くなっていったけれど、成人して社会人になると…。

悪化…!!皮膚科もいろんなところに行ってお金もたくさんかかりました…。そしてついに顔が真っ赤になって大変なことに…。

とはいっても、私はアトピーでも軽度の方なので楽なほうなんですが、友人が肌荒れが~なんて話を聞くと、「その程度で…?」なんてひねくりまくりの時もありました。

「今はどうして良くなったの?」それはステロイドをやめた…からかなぁ…。

あとはストレス…!イライラすると絶対に痒くなるので…。

10年以上前にステロイドを使わないアトピー治療の病院に行って、仕事も辞めて半年くらいはゆっくりしていました。

今は痒みが強い時や蕁麻疹が出そう…そんな時に、病院でもらった薬とビタミン剤、そして睡眠を心がけて悪化しないように気を付けています。

なぜ今更こんな話をというと、アトピー悪化時代にお世話になった「ガスール」にペーストタイプが出ていて使ったらやっぱりとても良かったので…。

ナイアード ガスール フェイスパック 170g 1,650円(税込)

ガスール フェイスパック naiad ナイアード
ガスールの良さをそのまま実感いただけるガスールフェイスパックの製品紹介ページです。

ガスールはモロッコで古くから石鹸のように使われてきたクレイ(粘土)

くすみや毛穴の汚れを優しく取り除きつつ、もともと含まれるマグネシウム・カルシウムなどのミネラルが保湿してくれるという優れもの。

そして化粧水としても使えるという…。

アトピー悪化時代に使っていたのはコチラの粉タイプ。

なめらかでお湯にすぐ溶けて使いやすいけれど…

お風呂場で使うのはちょっと大変…。

お風呂に入る前にお湯で溶いて固まる前に塗らないといけない…。

お風呂場で溶かすとお湯の量が多すぎて失敗すること多々あって…。

でも、そのめんどくさいを乗り越えて今のつるつる肌があるのです…

当時は100均の化粧品の小分けケースに入れてお風呂場でもぬれないようにして、手のひらに適量を出してその都度、とかして使っていました。

その「めんどくさい」をナイアードさんが解決してくれたのね…!

ただ天然のガスールとは違って防腐剤などが含まれているので、ヒリヒリ感があるという方は粉末をおすすめします。

こちらが全成分↓

  • 水、
  • モロッコ溶岩クレイ(洗浄、保湿)
  • ペンチレングリコール(保湿)
  • グリセリン(保湿)
  • ヒドロキシプロピルシクロデキストリン(安定化)
  • ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル(防腐)

使い心地は粉末のガスールより固まらずにしっとり感強め。

マヨネーズ位の固さでちょうどいい!

粉末のガスールは自分でお湯の量を調整できるので、ゆるく溶くことも出来るのですが

ゆるすぎると落ちてくる…固く溶くとすぐに固まる…。

なので自分でちゃんと調整出来れば最高案ですが、

自分不器用なんで…。

アトピー悪化時代はサラサラのお水状態でなでるようにつかっていましたが、良くなってからはなるべく硬めに溶いて顔につけるのですが、今度は固すぎて顔でカッチコチ…なんてことも…。

私が悪いんです…。

なのでこのペーストは既にちょうどいい硬さにしてくれていて顔の上でカッチコチにならない!のでとても良かったです。

使用後も乾燥することもなく次の日の肌がつるっとなりほんのり白くなりました。

最近は使っていなかったので久しぶりにガスールのこの感じを手軽に味わえました。

お値段としては粉末より値段はするのですが、私は粉末だと確実に失敗してしまうので

コチラで週2回くらいパック。

ちなみに固形もあるので、溶けるまでに時間がかかるのと、粉末よりは粒子が荒いのでお肌が強い人向け。

でも一番使いやすくてお値段も安いのでお試ししてみたいという方はぜひ。

タイトルとURLをコピーしました